Апр-18-2009

О сайте GangsterVip.ru

0c

GangsterVip.ru познакомит вас с самыми интересными автомобилямя в VipStyle мире.

Важная информация о VipStyle культуре в разделе История VIP.

0b2

013

021

031

05

043

VIPカー(ビ(ヴィ)ップカー / VIP Car)とは、大型高級車を改造した車両(改造車)の事である。VIP(Very Important Person – 要人)が乗る自動車を標榜して改造(主にドレスアップ)されることから名付けられる。また、亜流としてミニバンや軽自動車をベースとするカスタムがある。

起源

* 関西圏では、阪神高速環状線における警察のローリング族撲滅作戦により暴走族として走れなくなった走り屋やチームの一部が、車をシビックなどから高級車に乗り換えていじり始めたのが始まりとされる。
* 関東圏では暴走族車両として、マークII・クレスタ・アリスト・ チェイサー・シーマなどの4ドアハイソカーを改造するジャンル、いわゆるチバラギ仕様が根付いており、その延長線上であるという認識もある。この傾向は仙台を中心とした東北圏でも見られる。
* メルセデス・ベンツのチューンド車両であるAMG、特に1980年代後半の黒系でまとめられた車両をモチーフとして改造されることも多々あり、これが起源であるとする説もある。
* ヤクザ、チンピラ、ヤンキー、アウトローと呼ばれる、いわゆる「不良」と括られるジャンル人達が乗っているというイメージが強かったが、最近は普通の若者が乗っている例も多くなった。オタクによりアニメ・ゲーム関連のイラスト、ロゴ、カラーリング装着を施された痛車も出現している。
* 従来は上記暴走族向けの車両であったこの種の改造車は、1990年代半ばから暴走を行わない10代から20代前半の男性層にも定着した。千葉県、群馬県、栃木県などの首都圏周辺部や、大阪府・兵庫県・宮城県などの大都市の縁辺部では専門中古車店も多く存在し、活発な取引が行われている。
* 都心部ではこの種の車両は最近減少傾向にあり、むしろ地方都市でみかける様になった。

[編集] 概要

* 外装の改造ポイントは、大径・大音量マフラーへの換装や、エアサスキット、車高調、ローダウンサスなどによるローダウン、威圧的なフォルムを作るエアロパーツの取り付け、インチアップした幅広アルミホイールを履く、オーバーフェンダー加工、ホイールのツライチ(面一 ボディとの段差ゼロ)セッティングなどさまざまである。
* 内装の改造ポイントは、応接室をモチーフに仕上げることが多い為、大理石調や木目調のカラーリングが施されることが多い。また、ルームミラーにフサ(房、総)と呼ばれる装飾品を下げるなど、和風のテイストを持った改造が成される事も多い。なお、スモークフィルムの貼り付けがなされる事も多いが、2004年より規制が厳格化された事には注意すべき点である。
* 現在はシンプル志向の改造が多くのオーナーに好まれ、控えめなエアロパーツ、小振りなマフラーなど、「彼らなりの解釈」(一般人がそう思うかは別)で上品さ、控えめを「アピール」としたものが多い。また、前述の理由でスモークフィルムを装着しない車両も存在する。しかし外装とは反対に内装は多数の小型のモニターやハイパワーオーディオ、巨大なウーファーを装備しているものが主流である。
* また、ボディーカラーも、以前は原色系の派手なカラーが主流になった時期もあったが(1998年~2000年頃)、シンプル志向の改造がブームとなった現在では、シルバー、ブラック、パールホワイト、ワインレッドなど、一般的なカラーが好まれている。ただ、オールペイントをする事もまた一般的である。これは後述のベース車両が中古車主体である事に由来する。最近、原色系の派手なカラーにメルセデス・ベンツSクラスやレクサスES等をお手本にしたブラックルーフを組み合わせる配色パターンも人気である。
* しかしながら、これらの中には本来のVIPが乗車する車両にはあり得ない改造も一部含まれている。特に車内外の静粛性が求められるはずの車で大きな音が出るだけのウーファーやマフラー、乗り心地が求められるはずの車で固いダウンサスの使用は問題外である。
* 暴走族など反社会的集団の構成員にも地位の上下を問わず大人気である。集団の上下によってベースとなる車が異なるだけである。

[編集] 対象となる車種

* 一般的には130系トヨタ・クラウン以降のトヨタ製高級大型セダン、Y31系日産・セドリック/グロリア以降の日産製高級大型セダンである。一部ホンダ、マツダなどの高級セダンもベース車両として用いられる。
* トヨタ・センチュリーや日産・プレジデントなどの社用車、レクサス・LS、レクサス・GS、トヨタ・セルシオ、トヨタ・アリスト、トヨタ・クラウン、日産・インフィニティQ45、日産・シーマ、日産・フーガ、日産・セドリック/グロリアなどのオーナードライバー向け大型高級セダン (ハードトップとセダンを一本化する以前の150系以前のクラウン・Y34系以前のセドリック/グロリアなどはハードトップタイプがほとんど) が用いられるが、ホンダ・レジェンドやインスパイア、マツダ・ミレーニア等も人気が根強い。新車を改造する豪者もいるが、中古車を改造するのが一般的。一部ではメルセデス・ベンツEクラス・Sクラス・CLSクラスや、BMW7シリーズなどの輸入車もベースになることがある。輸入車でも中古車がベースであり、現行車種が対象となることはまずない。
* セダンよりも空間が広くとれるミニバンをベースとする手法もある。代表車種はトヨタ・エスティマ、日産・エルグランド、ホンダ・オデッセイなど。
* 税金が安い軽自動車をベースとする同様のカスタムも根強い人気がある。スズキ・ワゴンRやダイハツ・ムーヴ、ホンダ・ライフなどが例。ただ、これらの車種は本来「VIP(要人)」の車ではないという指摘もある。
* VIPカー的なドレスアップによって、その車種に対するイメージの悪化を嫌う人もいる。メーカーにもそのような傾向があると思われ、2004年11月に発売されたトヨタ・マークXや、レクサス・LSでは、バンパーとマフラーが一体的にデザインされている。これを見習い、軽をはじめとするいろいろなクルマがバンパー一体マフラーにカスタムしているが、最近になってサードパーティーからレクサス・LS用のエアロパーツが発売された。2007年11月には日産・GT-Rが先代の「スカイラインGT-R」以来5年ぶりに復活するのに当たって、国が日産に対し違法改造対策を求め、これを受けて日産は販売・整備を専門に行なう「ハイパフォーマンスセンター」を置く事になった。
* ただ、純正のエアロパーツやホイールの中にも派手なパーツはあり、VIPカー的なドレスアップに限らず、メーカーがこういったユーザーによるクルマのカスタマイズを根本から否定しているとは考え難い。[1]が、便乗しエアロパーツを売り込み儲けを出しているのも事実である。実際に、自動車本体のデザイナーと、純正エアロパーツのデザイナーが異なる事が大半である。デザイナーの意図したデザインは、たとえ純正であろうとエアロパーツのついていない状態なのはいうまでもない。
* 本来別ジャンルであるラグジュアリーカーにて対象となる車種もVIPカーの対象に含まれることがある。これは、主に両者のカスタム趣向や車の形態などに類似性があることによる。

[編集] パーツのブランドについて

* VIPカーにおいてはベース車両のランクもさることながら、パーツのブランドも重要視される。特に有名なのはインパル、ジャンクションプロデュース、(アレス・プレミアム・スポーツ・ディスティニーブランド含む)エボリューション(オートクチュールブランド含む)、アドミレイション、WALD(ヴァルド)、インシュランス、ワイズ、ギャルソン(D・A・D含む)、ファブレスなどがある。特にブレーンなどのパーツメーカーは、全国的に有名であったVIPカーオーナーが設立したメーカーであるため、ユーザー感覚に近い製品のため人気がある。
* ホイールのブランドとしてはOZレーシング(フッツーラ・オペラ・ミケランジェロなど)、ワーク(レザックス・マイスター・エクイップ・ユーロラインなど)、BBS(LM・RGなど)、MAE、タケチプロジェクト(レーヴェンハート・ベルサリオなど)、SSR、スピードスターなどがある。また、上記にあげたジャンクションプロデュースやWALD、ファブレスなどは、自社でホイールの開発も手がけている。さらに、BMWチューナーのアルピナや、メルセデスチューナーのブラバス、ロリンザーなどのホイールが加工流用されることもある。一般に、稀少かつ高価なホイールほど格が上とみなされる。
* なお、改造はショップと呼ばれる板金屋で行うのが一般的である。全国に多々ある板金塗装店の中でも、いわゆる名店と呼ばれるショップは少なく、どこのショップによるカスタマイズかによってもクルマの格が変わってくるといえる。

[編集] チーム・イベントについて

* VIPカーのオーナーは、チームやクラブ、連合などと呼ばれる集団に属している者が多く、またミーティング、イベント、ドレコン(ドレスアップカーコンテスト)などと呼ばれる集まりに参加するものも多い。彼らは暴走族に見られる集会などとは違い、全国規模での集まりであることが多い。そのため、プレートと呼ばれるフロントガラスに提示する室内用装飾品や、ステッカーなどで自らのチームをアピールしていることが多々ある。
* 特に有名なチームは、北海道のクラブC・クイーン・シグナル、岩手県のVIPファンタジー・グレードA、仙台のジャスティス・トレンディ・ファイナル・ランティス・カルチェ、石川県のジャスティス、神奈川県のスペシャリスト、静岡県のアヴァンギャルドジャパン、愛知県のダイアモンド・ドリームアゲイン、岐阜県のインペリアル・エキスパート、滋賀県の魅返り美人、大阪府のクラブファイナル・ドレスアップカンパニー・アウトロー・カークラブジャパン・ロイヤルファミリー、ロイヤルスピリッツ、奈良県のローフォルムカラーズ、広島県のリミットレスカンパニー、福岡県のハイウェイスターなどがある(現在は活動を行っていないチーム含む)。

[編集] 注意点

* “専従の運転手がおり、オーナー本人は後席に乗車出来る一般社会のVIP”―ショーファーカーと違い、“オーナー自らハンドルを握って運転する”というポイントの違いには注意しなければならない。当然ながら一般にVIPとして扱われるのは前者である。
* 「VIP」を「ビップ(ヴィップ)」と読むのは、語学的には誤りである。また、アメリカ合衆国等北米ではVIPをビップと呼ぶのは軽蔑的な意味があり、正しくは「ブイ・アイ・ピー」である。
* なお、専門誌、特にVIPCAR誌が意図的に上記のような改造高級大型セダンを「ビップカー」と名づけたのは、ショーファーカーのイメージを敢えて打ち消すためであると公式コメントを行っているが、「VIP」は前述の通り「ブイアイピー」と発音するのが正しいものであるため、この意図は広く理解されることなく定着してしまい、誤りをそのまま使用したものと一般的に解釈されるようになってしまった。
* VIPカーという言葉の語源は、古くはY30型セドリックグロリアにあったブロアムVIPというグレードのためであるという説や、雑誌『ヤングオート』(現在休刊)のコーナー、VIPCLUBであったという説などがある。
* その特徴的なスタイリングで目立ちやすく、マナーの悪さも目立ってしまうため、悪印象を抱かれる事も多い。そのため、VIPカーに否定的な意見を持つ者は徹底的に嫌う傾向にある。
* また、自分の車に「BIP」と書かれたシールを貼った者が目撃されている事から、»ビップ»と言う語のスペルを理解できないほど無教養な者もいるとされる。
o 同様の理由でVery Immoral Person’s carの略と揶揄されることもある。
o 蔑む意味でわざと「BIPカー」と呼ぶ場合もあるが、これは一般に「ボロいVIPカー」や「馬鹿の乗るVIPカー」の意味である。VIPカーに改造される車は型落ち高級車が使われることが多いためである。
* 車検証の記載事項を超える改造、安全性に問題がある改造、整備不良と扱われる改造などは継続車検が受けられないばかりか、警察に検挙されることもある。特にスモークフィルムの装着は一般的であるが、リア側だけでなくフロント側にも施行しフルスモーク化するのは違法であり、施工業者すら逮捕された事例もある。
* 軽自動車やミニバン、低排出ガス車認定制度が開始された平成12年以降に生産された高級車をベースにするのでなければ、高額の改造費用に加え、旧形式の大型車だけにガソリン代や維持費も高額となり、また老朽化、メカニカルの複雑さから故障も多い。

THE LIST
Company Brands
アドバン – ADVAN
ブリッツ – BLITZ
ブリッド – BRIDE
クスコ – CUSCO
エンドレス – ENDLESS
エンケイ – ENKEI
レイズ – RAYS
レカロ – RECARO
サムコ – SAMCO
スパルコ – SPARCO
トラスト – TRUST
ボルク – VOLK
ワーク – WORK

Engine
アクチュエター – Actuator
エアコンコンプレッサー – A/C Compressor
オルタネーター – Altenator
ブローオフバルブ – Blow Off Valve
コンプレッサー – Compressor
ダイレクトイグニ – Direct Ignition (Coilpacks)
ディストリビューター – Distributor
フロントパイプ – Downpipe
エンジン – Engine
エンジンブロック – Engine Block
エンジンマウント – Engine Mount
エキマニ – Exhaust Manifold
フューエルフィルター – Fuel Filter
燃料ポンプ – Fuel Pump
フューエルポンプ – Fuel Pump (Katakana)
インジェクター – Injector
インテーク – Intake
インタークーラー – Intercooler
ローテンプサーモ – Low Temperature Thermostat
エアフロ – Mass Airflow Sensor (MAF)
マフラー – Muffler
オイルクーラー – Oil Cooler
オイルパン – Oil Pan
ポンカム – Poncam
プーリー – Pulley
プーリーキット – Pulley Kit
ラジエーター – Radiator
セルモーター – Starter
サージタンク – Surge Tank
サーモスタット – Thermostat
スロットルボディ – Throttle Body
タービン – Turbine
タービンサポートパイプ – Turbine Support Pipe (Subaru Up pipe)
ターボ – Turbo
ウェストゲート – Wastegate

Drivetrain
クラッチ – Clutch
デフ – Differential
ドライブシャフト – Drive shaft (also used when looking for axles)
パワステアリング – Power Steering
クイックシフト – Quick Shifter
シフト – Shifter
ステアリング – Steering
ステアリングラック – Steering Rack
ミッション – Transmission

Brakes/Tires
ABSユニット – ABS Unit
ブレーキホース – Brake Hose (Brake Lines)
ブレーキパット – Brake Pad
ブレーキブースター – Brake Booster
キャリパー – Caliper
サイドブレーキ – Emergency Brake
マスターシリンダー – Master Cylinder
パット – Pad (sometimes companies dont say brake pad)
ローター – Rotor (Brakes)
タイヤ – Tire
ホイール – Wheel
ホイールスペーサー – Wheel Spacer

Suspension
車高調 – Coilovers (input into IME= shakouchou)
ロアアームバー – Lower Arm Bar
ピロ – Pillowball
ロールバー – Roll Cage
スタビライザー – Stabilizer (Sway Bar)
タワーバー – Strut Tower Bar
サスペンション – Suspension
テンションロッド – Tension Rod

Exterior
エアロ – Aero (means aero/bodykit type items)
ウインカー – Blinker
ボンネット – Bonnet (Hood)
バンパ – Bumper
フェンダー – Fender
グリル – Grill
ヘッドライト – Headlight
ミラー – Mirror
オーバーフェンダー – Over Fender (Fender Flares)
サイドマーカー – Side Marker
スポイラ – Spoiler
テールランプ – Tail Lamp
ワイドフェンダー – Wide Fender
フロントガラス – Windshield
ウイング – Wing
ワイパー – Wiper

Interior
アンプ – Amp
オーディオ – Audio
CDチェンジャー – CD Changer
CDチューナー – CD Tuner
ダッシュ – Dash
ダッシュボード – Dashboard
DVDチェンジャー – DVD Changer
DVDプレーヤー – DVD Player
イコライザー – Equalizer
排気温度計 – Exhaust Temperature Gauge
フロアマット – Floor Mat
燃圧計 – Fuel Pressure Gauge
インマニ計 – Intake Manifold Pressure Gauge
メーター – Meter (Gauge)
ナビ – Navigation
油圧計 – Oil Pressure Gauge
油温計 – Oil Temperature Gauge
ペダル – Pedal
シート – Seat
シートレール – Seat Rail
シフトノブ – Shift Knob
スピーカー – Speaker
スピンターンノブ – Spin Turn Knob (e-brake drift knob button thing)
サブウーハースピーカー – Subwoofer Speaker
タコメーター – Tachometer
チューナー – Tuner
ターボ計 – Turbo Gauge (Boost)
テレビ – TV
水温計 – Water Temperature Gauge

Electronics/Accessories
エアコン – Air Conditioner
バッテリー – Battery
ブーストコントローラー – Boost Controller
カーボン – Carbon (usually used for Carbon Fiber)
エンジンコンピューター – Engine Computer (ECU)
エンジンハーネス – Engine Wiring Harness

Key Words
4本セット – 4 piece set
アルミ – Aluminum
オート – Auto ( like in automatic transmission)
センタ – Center
コア – Core
ダンパー – Damper
フィルター – Filter
フロント – Front
ガスケット – Gasket
インチ – Inch
インダクション – Induction
液体 – Liquid
新品 – New Item
オイル – Oil
アウトレット – Outlet
パーツ – Parts
パイプ – Pipe/Piping
ポンプ – Pump
ラシング – Racing
リア – Rear
車検有効期限 – Shaken-yukou-kigen. JCI left on the car. (You can carry the JCI over)
修復歴 – Shufukureki. Repair jobs performed on the car.
シリコンホース – Silicone Hose (vacuum lines)
走行距離の状態 – Soukou-kyori no joutai. How many KM driven.
ステンレス – Stainless

Colors
アンバー – Amber
ブラック – Black
ブルー – Blue
クリア – Clear
クリスタル – Crystal
グリーン – Green
オレンジ – Orange
パープル – Purple
レッド – Red
シルバー – Silver
スモーク – Smoke
ホワイト – White
イエロー – Yellow

Размещено в